【基礎からわかる】アルペンスキーに必須なストックについて【徹底解説】

悩んでいる人

競技をするには特殊なストックが必要って聞くけど、普通のスキーストックとどう違うの?
ストックにはどんな種類があるの?
競技スキーを始めてみたいけど用具が多すぎて何を買えばよいかわからない!

以上のような、お悩みを解決します

本記事の内容

  • スキーストックとは?
  • ストックの種類や値段は?
  • あなたに最適なストック
  • ストックの購入方法
  • ストックの注意点
目次

(スポンサーリンク)

スキーストックとは?

滑走中にストックを持っているだけで安心感がありますよね!

最初に西洋から日本にスキーが伝わった際には1本のストックを用いていましたが、現代ではそれぞれの手に1つずつストックを持ち、2本のストックを持って滑るスタイルが主流になっています。

ストックを握るグリップという箇所にヒモ(ストラップ)が付いており、そのヒモに手首を通した上でグリップを握る方法が主流です。

ストックのグリップとヒモ

スキーストックですが、以下のように大きく分類されます。

スキーストックの分類
  • バックカントリー用ストック
  • フリースタイル用ストック
  • 基礎・デモ用ストック
  • レーシング用(競技用)ストック

バックカントリーモデル登山に適しており、
フリースタイルモデルパークやモーグルなどで活躍します。

長さを調節出来る基礎用ストック

一方で基本的にゲレンデスキーにおいて馴染み深いのは
基礎・デモ用ストックレーシング用ストックですね!

基礎・デモ用のスキーストックは最もメジャーであり、握りやすさや振りやすさなどのバランスが良く、中には滑る場面に応じて長さを調節できるモデルも存在する事からオールラウンドに用いる事が出来ます。
一般的なレジャースキーヤーは間違いなくこのモデルを購入するべきです。

レーシング用のストックとは競技に適したスキーストックの事

レーシング用のスキーストックはスピードを追及する為に製造されており、丈夫な素材で作られています。
高品質ですが、値段が高めなのも特徴の一つです。
長さを調節させる事は出来ないので、一つ一つの種目に応じて最適な形状や機能を持つストックを用います。

レーシング用ストック

普通のゲレンデスキーにおいてもストックには様々な用途があります。

ゲレンデスキーにおけるストックの用途
  • ターンのきっかけのタイミングを取る為
  • 平地や登り斜面において前に進む為
  • バランスを維持する為

それに加え、競技スキーにおいてストックは更に重要な役割を果たします。

競技スキーにおけるストックの用途
  • スタートバーを勢い良く切り、初速度をつける為 (ジャンピングスタート)
  • スタート後に漕ぐ事でスピードを速める為 (スケーティング)
  • SLの場合:パンチガードを用いてポールにアタックする為

スキーの板は滑走スピードが無いと上手く仕事をしてくれませんが、規制されたコースの中を滑る必要がある競技スキーにおいて自分の力(内力)でスピードを稼ぐ事が出来る
スタート時の動き
は非常に大事になってきます。

ワールドカップやオリンピックなどでよくトップ選手がスタート時に勢い良く反動を使ってジャンプしながらスタートバーを切っている姿が見られますよね。

このようなスタート手法の事をジャンピングスタートと言い、初速度を付けるにあたって非常に効果的です。

また、見た目もカッコ良いのでカッコつけたいジュニア選手なども良く見よう見まねで練習していますね笑。

ジャンピングスタートの様子
スケーティングの様子

このジャンピングスタートで初速度を付けたのち、更にスピードをつける為に手足を用いて最初の数旗門で必死に漕ぎますスケーティング)。

ジャンピングスタートの際には一瞬全体重がストックにかかったり、スケーティングの際にも漕ぐリズムをストックで取ったりと競技スキーではストックの使い方が非常に重要になってきます。

競技スキーを行う場合、レーシング用ストックを使用する事を強く推奨します。

GS競技で使用するストックは基礎用のストックでも使用する事は出来ますが、SL競技で使用するストックはパンチガードという付属品を付ける必要があるのでレーシング用が必須となります。

ストックはこの場面で使う

アルペンスキーの種目
  • 回転 (スラローム/SL)
  • 大回転 (ジャイアントスラローム/GS)
  • スーパー大回転 (スーパージャイアントスラローム/SG)
  • 滑降 (ダウンヒル/DH)

アルペンスキーの練習は主に
ポールを用いないフリースキー
ポールセットの中を滑るポール練習
に分けられます。

フリースキー練習
ポール練習

いきなり規制されたポールの中を滑る事は難しく、技術も向上しにくい事から雪が少ないシーズンインの時期はフリースキーから練習に入ることが多いです。

また、練習環境にもよりますがシーズンアウトもフリースキーを重点的に練習する人も居ます。

フリースキーの際に基礎練習としてストックを用いずに滑る事や、ショートポールで立てられたコースをストック無しで滑る練習などは例外としてありますが、
基本的に全ての場面でストックを持って滑走します

ストックを用いない基礎練習
ストックを使う場面
  • フリースキー練習
  • ポール練習
  • 大会

※ 雪上にいる間ほぼ全て

また、詳しくは下の項目で解説していますがSL種目の練習や大会の際はSLストックGS種目の練習や大会の際はGSストックを使用します。

ストックの愛称
  • スラスト(スラローム ストック)
  • ジースト(ジーエス ストック)

ストックを売っているメーカーはここ

ストックは様々なスキーメーカーが販売しています。
メーカーによってデザイン、重さ、機能の特性などが異なります。

レーシングチームに所属している場合、そのチームが契約しているメーカーがある場合もあります。
その場合通常より少し安い値段でそのメーカーの用具を手に入れる事が出来る事もあります。

スキーストックを扱っている主なメーカー
  • SINANO (シナノ)
  • Swix (スウィックス)
  • LEKI (レキ)
  • KOMPERDELL (コンパーデル)
  • GABEL (ガベル)
  • KIZAKI (キザキ)

また、板を主な商品として販売しているメーカーの中にもストックを販売している場合があります。

その他のメーカー
  • Völkl (フォルクル) / MDV
  • ATOMIC (アトミック)
  • SALOMON (サロモン)
  • ROSSIGNOL (ロシニョール)
  • NORDICA (ノルディカ)
  • OGASAKA (オガサカ)

板やブーツ同じメーカーのストックを使用し、統一感を出すのも良いですね!

レーシングストックにはどんな種類があるの?

同じレーシングストックの中でも、素材使用競技異なるモデルを各メーカーは販売しています。

①:素材の違い (アルミ/カーボン)

レーシング用ストックの材質カーボンアルミニウムがあり、それぞれに特徴があります。

アルミニウム製のストックは比較的安価で購入する事が出来るというメリットがありますが重い事から、振りにくくて漕ぎにくいというデメリットもあります。
忙しい競技中にはちょっとした重さが影響してしまう場合もあります。

David

最初はアルミニウム製のストックを使っていました!

アルミニウム製のストック (SL)
カーボン製のストック (SL)

カーボン製のストックは軽くて強度があるというメリットがありますが、高価であるというデメリットもあります。

B級レースやFISレースなどレベルが高い上級者が出場する公認大会では基本的にはカーボン製のストックを使用している選手が殆どです。
しかし、カーボンストックは稀に割れてしまうという特徴があるので、あえてアルミストックを使用する選手も居ます。

David

カーボン製のストックを使った際は、とても薄くて軽いのが印象的でした!

ストックの材質アルミニウム製カーボン製
メリット安い軽く、操作しやすい
曲がりにくい
デメリット重く、操作し辛い
曲がりやすい
高い
ストックの材質

②:SLストック

レーシング用ストックには材質だけでなく、使用競技(SL/GS/SG)における分類もあります。

SL競技の際には
ストレートストックにパンチガードを付けた
ストックを使用します。

パンチガードが元々付けられた状態で販売されているストックもありますが、別売りでパンチガードのみを購入し、装着する事も出来ます。

基本的にはストックと同じメーカーのパンチガードを使いますが、中にはストックとパンチガードで異なるメーカーの物を使用する人も居ます。
※相性が悪く、すぐ接触部分のネジが緩んだりする場合も

パンチガードのネジが緩んでいる様子

また、このパンチガードはポールの際を通り、ポールと接触する前提のアイテムですので、初心者の方でまだポールには当たらない場合はパンチガードは必需品ではありません

David

僕は最初からパンチガードが予め付いているストックを購入し、SL競技で使用していました!

③:GSストック

GS競技の際には好みに応じて
GS専用の曲がった(湾曲した)ストック
SLと同様にストレートストックを使用する選手に分けられます。

GS専用の曲がったストックにはレース中にクローチング(クラウチング)姿勢を取る際に、ストックが曲がっている事から身体にフィットしやすいというメリットがあります。
しかし、SLでも用いるストレートストック程漕ぎやすくなく、初速度が付きにくいというデメリットがあります。

GS専用の曲がったストック

ストレートストックGS競技で使用される割合が増えてきました。
最近のトレンドとして、公認大会に出場するハイレベルな選手
GSにおいてカーボンのストレートストックを用いている割合が増えてきたように思えます。

また、形状に寄らずGSで用いるストックは、SLで用いるストックより若干長めのものを購入し、使用する事が一般的です。
※スタートダッシュで漕ぐ期間がSLより長い為

GSで使用するストレートストック
GSストック曲がったストックストレートストック
メリットクローチングの際に
身体にフィットする
漕ぎやすく、
加速しやすい
デメリット漕ぎにくく、
加速しにくい
クローチングの際に
少し不便
GSで用いるストック
David

僕は初心者の頃GSストックとして曲がったストックを購入し、使用していました!

またSG競技を行う場合には、クローチング姿勢を組む時間がかなり長い為
・GSの曲がったストック
・SG専用の更に湾曲が強いストック

のどちらかを用いる事が一般的です。

SG用の湾曲が強いストック

ストックの値段

新品 新モデルの値段 (目安)
  • アルミストック 1~3万円
  • アルミストック+パンチガード 2~4万円
  • カーボンストック 2~4万円
  • カーボンストック+パンチガード 3~4.5万円
  • ジュニア用 (アルミ) 0.7~1.5万円

※レーシング用ストックの場合
※ストレート/湾曲はほぼ同じ値段

ストックはどんな人に必要?

競技をやるならストックは必須

競技スキーを始めるにあたってストックがないと始まりませんよね。
最初に購入するべき用具の一つがストックです。

初心者が一本目に購入するべきはアルミのストレートストックだと思います。

最初(一年目)はSL競技にてポールに当たれないと思うので、
SLとGS兼用として同一のストックを使用できるからです。

(左)SLストック(右)GSストック

ストック選択の基準!私に必要なストックはこれ

レーシング用ストックを選択するにあたって考慮すべき項目はこのようなものがありました。

レーシングストック選択の基準
  • メーカー
  • 素材 (アルミ/カーボン)
  • 使用競技 (SL/GS)
  • 形状 (ストレート/湾曲している)
SLストックの選び方
GSストックの選び方

最初のストックとしてアルミのストレートストックを購入し、SL競技とGS競技として使用する事をオススメしました。

その後上達し、パンチガード付きのSLストックが欲しくなった場合は
・元々用いてたストックにパンチガードを付けてSLストックに
・元々用いてたストックをGSストックとし、パンチガード付きSLストックを別途購入する

などの手法が取れます。

David

このような手順が面倒な場合は最初から
・SL用のパンチガード付きのストック
・GS用のストック
を別々に購入しちゃう手も勿論あります!

ストックの形状曲がったストックストレートストック
SL競技×
中級者以上はパンチガードを付ける必要有り
GS競技
身体に収まりやすい

漕ぎやすい
種目別ストックの形状

更に上達し、コンマ1秒でもタイムを縮める為に良いストックが必要だと強く思うようになった場合に、新しくカーボンストックを購入する事をオススメします。

David

SL競技の際は先シーズンまで
アルミのストレートストック(123 cm:キザキ)を使用していました!

※カーボンのストレートストック/パンチガード(120 cm:シナノ)を購入予定

David

GS競技の際は漕ぎやすさを重視して
カーボンのストレートストック(125 cm:シナノ)を使用しています!

(左) SLストック (右)GSストック

ストックの長さについて

アルペンスキーで用いるレーシング用ストックは
身長×0.68が大体標準的なストックの長さとなります。

SLストックでは標準的な長さ
GSストックとしては標準より2~5 cm程長い
ストックを使用する事が一般的です。

ストックの長さストックの長さ
(目安)
身長175 cmの
人の場合
SL競技標準
(身長×0.68)
119 cm
GS競技少し長い
(標準 +3~4 cm)
122~123 cm
種目別ストックの長さ

技術力や滑り方のスタイルに応じても最適なストックの長さは変わってきますが大体の目安としてこの表の長さを参考にして頂けたらと思います!

David

SL:123 cm
GS:125 cm
を使っていますが、SLが若干長すぎるように感じるので120cmのSLストックを購入予定です!

GS競技の様子

また、ストックの先端の形状が異なる事から、若干メーカーによってストックの長さが違うと主張する人(感じる人)も見受けます。
※重量感の差による錯覚かもしれません

オススメ商品

ストックはどこで買えるの?

①:オンライン通販

オンライン通販として日本最大規模を誇るのが
スキー用品通販店「タナベスポーツ」です!

用具が決まっている場合は、通販で購入するのが一番楽ですね!

David

僕も通販が一番楽なので、スキー用品は基本的にここから購入します!

タナベスポーツは楽天市場にも出品していますが、
公式サイトが最速で最安値
になるよう工夫しているようなので、公式サイトで購入する方がお得ですね!

タナベスポーツで取り扱っていない商品を購入したい場合にのみ、楽天市場の他のお店から購入する事をオススメします!

②:店舗販売 (早期予約会)

レーサーの大学生がオフシーズンのアルバイト先によく選びがちなのが、スキー専門店(スキーショップ)です。

東京の主なスキー専門店
  • 石井スポーツ
  • カンダハー (KANDAHAR)
  • FUSO SPORTS

スキー業界では早期予約会というイベントが毎年6~7月に行われています。

このイベントは各専門店が、次のシーズンに販売するモデル (ニューモデル)の事前予約を受け付けるというものです。

例:カスタムフェア (石井スポーツ)

毎年会場を貸し切って、大規模なスキー展示会が開催されます。
日本各地で行われますが、基本的に各都市で一回の週末にのみ開催されます。

今年の東京会場は池袋でした!

2022年度 カスタムフェア

ストックを持つ上での注意点は?

新モデルは直ぐに手に入らない

早期予約会などで新モデルを購入した場合、直ぐに手元には来ません!
あくまで予約会なので、実際に納品されるのはその年の10月~12月になります。

従って、早めの11月にシーズンインしようとした時にまだストックがない!
なんて状態にならないように気を付けてくださいね。
※ お店によっては事情を説明したら早めに納品してくれる所もあり

ストックの持ち運びは要注意

滑走時には非常に役立つアシスト用具として存在するストックですが、持ち運びの際など、ふとした時に危険な刃物に代わります。

スキーストックの先端は非常に尖っており、間違って他人の目に当たってしまうと最悪失明させてしまいます。
後ろに小さい子供がいた場合などを考えると恐ろしいですね。

ストックの先端

競技スキーの練習の場合、午前と午後で種目が異なる(板も異なる)事で、板二台+ストック二本を同時に持つ事は少なくありません

普段は大丈夫でも重くてサイズも大きい荷物を持つ際は、注意力散漫になる場合がありますので細心の注意を払いましょう。

林間を滑る際はヒモに手を通さない

スキー場によっては自己責任エリアとして林の中を滑れる所がありますよね!
※板が傷つく可能性が高いので、サブ板で滑走する事を推奨します

レーシングチームの昼休憩中や練習後にうずうずして、林の中を滑っている人もいると思います。

このような場所を滑る場合、ストックのヒモ(ストラップ)に手首を入れて滑る事は得策ではありません。

その理由として木の枝などにストックが引っかかった際、ヒモに手を通していなければストックだけで済みますが、ヒモに手を通していた場合腕ごと持っていかれ最悪腕を折ってしまう可能性があるからです。

従って、林の中などの場所を滑る場合は
ヒモに手首を入れずにグリップだけを握る事が無難ですね。

買い替え頻度

板などは買い替え頻度/時期が割とわかりやすいですが、ストックに関しては中々買い替えの判断が難しいですよね。

10年以上同じストックを使っている人から毎年新しいストックを購入する人も見かけます。

ジュニアの選手などは身長の増加と共に、使うストックの長さが変わってくる事から高めの頻度で交換しているイメージです。

David

僕個人の意見としては、
ストックが折れたり、亀裂が入ったりした時に
交換する頻度で良いと思います!

競技スキーの場合ポールの近くを通りアタックする事から、なんだかんだ気を付けて使っていてもかなりの頻度で折れたり曲がったりします笑

右ストック(アルミ)曲がっているのわかります?笑

また、SLストックの場合パンチガードが壊れた場合なども買い替えるタイミングの候補の一つですね!
※勿論パンチガードのみを新しく購入する方法もあり

まとめ:ストックを購入してアルペンスキーを始めよう!

いかがだったでしょうか?
最後に、内容をおさらいしていきましょう。

  • レーシングストックはポールに当たっても壊れないように作られているストック
  • アルミカーボンなど材質によって様々なストックが存在する
  • SLGSなど競技に応じて別々のストックを使用する
  • ストックの先端は刃物だと思って取り扱う

是非、ストックを購入してアルペンスキーを始めましょう!

David
大学院生レーサー
ゼロから始めるアルペンスキーの運営者です!
競技を続けている間にアルペンスキーについて体系的にまとめていきたいと考えています!
わかりやすいサイトを目指していますので、是非初心者の方にも紹介してください!
YouTubeでも自身の活動やアルペンスキー全般について紹介していますので、そちらも見ていただけると幸いです!

広告リンク

以下のリンクを介して買い物をして頂きますと、僕の懐に売り上げの一定割合が入ります。

ブログの運営費に使用させて頂きますので、商品をご購入の際は何卒宜しくお願い致します。

スキー用品専門店タナベスポーツ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

アルペンスキー FIS ワールドカップを視聴するなら J SPORTS!

引用元: J SPORTS

アルペンスキーに興味がある方は、
レースの最高峰「FIS ワールドカップ」を視聴してみましょう!

FIS ワールドカップは「J SPORTS」と言った、日本で唯一の4チャンネルマルチ編成のスポーツテレビ局から見る事ができます!

アルペンスキー FISワールドカップ

視聴方法

① J SPORTS オンデマンド (スマホ・PC)

少しでも安く好きなタイミングでレースを見たい方はJ SPORTSオンデマンドがオススメ!
スマートフォンなどから気軽に視聴できます!

アルペンスキー W杯を見るなら J SPORTS!
② J SPORTS (衛星放送・ケーブルTV)

テレビでレースを見たい方は、J SPORTSがオススメ!
スカパーを経由してお申し込みから約30分で視聴可能です!

自身の技術レベルによらず、W杯観戦は様々な面で参考になるので
全スキーヤーにオススメです!
勿論僕も視聴しています!

(スポンサーリンク)

著作権

本ブログは、文化庁が定める引用のルール
・他人の著作物を引用する必然性があること
・かぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること
・自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること
・出所の明示がなされていること
に沿って運用されております。

何かお気づきの点がありましたら、
トップバナーの「お問い合わせ」からご連絡ください。

コメント

コメントする

目次