【基礎からわかる】アルペンスキーであったら便利なバッグについて【徹底解説】

悩んでいる人

競技って用具が沢山必要そうだけど、普段どんなバッグを使うの?
スキーバッグにはどんな種類があるの?
競技スキーを始めてみたいけど用具が多すぎて何を買えばよいかわからない!

以上のような、お悩みを解決します

本記事の内容

  • スキーバッグとは?
  • スキーバッグの種類や値段は?
  • あなたに最適なスキーバッグ
  • スキーバッグの購入方法
  • スキーバッグの注意点
目次

(スポンサーリンク)

スキーバッグとは?

さて今まで複数の用具を紹介してきました。

アルペンスキーを行うには、このような用具を沢山持ち運ぶ必要があります。

今回は用具の運搬に用いるバッグ、
スキーバッグの紹介です!

スキーバッグ (バッグパック)

スキーバッグとは競技の用具を持ち運ぶ際に必要なアイテム

競技に用いる用具の内、スキー板とストックは主にスキーケースに入れて運搬します。

残りの用具であるヘルメットレガースゴーグルなどの
小物を入れるのに役立つのがスキーバッグです!

運搬の様子
スキーバッグの用途
  • スキー用具 (小物) の運搬
  • スキー用具 (小物) の保護

スキーバッグはこの場面で使う

スキーバッグを使う場面
  • 練習時/大会時
  • スキー場から宿への移動 (短距離運搬)
  • 車や公共交通機関での移動 (長距離運搬)

日々の練習では、ヘルメットウェアなどをスキーバッグに入れる事が多いです。
朝一のフリースキーやポールセット(コースセット)の際はウェアを着用し、滑走直前に脱いでバッグにしまう人も居ますね。
※練習中スキーバッグはスタート地点やゴール地点に置く事が多いです。

大会時には、いつもの中身に加えてスタートワックスなども加わります。

また雪上時だけでなく、用具を運搬する際にも活躍します。

バッグパック

スキーバッグを売っているメーカーはここ

スキーバッグは様々なスキーメーカーが販売しています。
メーカーによってデザイン、容量、運びやすさなどが異なります。

レーシングチームに所属している場合、そのチームが契約しているメーカーがある場合もあります。
その場合通常より少し安い値段でそのメーカーの用具を手に入れる事が出来る事もあります。

スキーバッグを扱っている主なメーカー
  • ENERGIAPURA (エナジプラ)
  • KOMPERDELL (コンパ―デル)
  • GABEL (ガベル)
  • LEKI (レキ)
  • POC (ポック)
  • LEVEL (レベル)
  • DAKINE (ダカイン)

また、板を主な商品として販売しているメーカーの中にもスキーケースを販売している場合があります。

その他のメーカー
  • Völkl (フォルクル) / MDV
  • FISCHER (フィッシャー)
  • ATOMIC (アトミック)
  • HEAD (ヘッド)
  • SALOMON (サロモン)
  • ROSSIGNOL (ロシニョール)
  • DYNASTER (ディナスター)
  • NORDICA (ノルディカ)
  • BLIZZARD (ブリザード)
  • elan (エラン)
  • OGASAKA (オガサカ)

板やブーツ同じメーカーのスキーバッグを使用し、統一感を出すのも良いですね!

スキーバッグにはどんな種類があるの?

スキーバッグ使用用途に応じて大きく3つに分類する事が出来ます。

スキーバッグの分類
  • キャスター付きバッグ
  • バックパック
  • その他のバッグ

1つ1つ順番に見ていきましょう!

①:キャスター付きバッグ

キャスター付きバッグコロコロ転がすタイプのバッグです。
こちらは公共交通機関や車で用具を運搬する際に主に使い、スキー場には持っていかず宿に置いておく事が多いです。

スキー用のキャスターバッグは深みがある事から多種多様な用具を入れやすく、荷造りがしやすい事やボコボコな雪上にも対応しているキャスターが用いられているというメリットがあります。

主な用途はやはり運搬なので、必要な用具を収納できるバッグであればスーツケースなどスキー用の物でなくとも問題ないですが、新しく購入する場合はスキー用がオススメです!

キャスターバッグ 出典:MDV
ダッフルバッグ 出典:MDV

同じ用途のバッグとしては、手や肩で持つタイプのボストンバッグ/ダッフルバッグボストンバッグにキャスター機能も搭載しているボストンキャリー
なども存在します。

David

僕は荷物が重くならない日帰りスキーなどで、こちらのタイプのバッグを使っています!


②:バックパック (レーサーバッグ)

バックパック背負いながら運ぶタイプのバッグです。
こちらは練習や大会、スキー場から宿への行き帰りなど雪上での日常で用いる事が多いです。

板メーカーは競技用モデルのバックパック(レーサーバッグ)を販売している事が多いです。
競技用は大容量であり、ポケットも多い事から多種多様な用具を扱うアルペンスキーに最適です。
特にサイドにブーツを収納出来るモデルは非常に便利です!

バックパック 出典:MDV

容積60L~130L程度の物が多く、130 Lの場合はスーツケースよりも多く入ります笑。

David

僕は115 Lのバッグを使用しています!
85 Lの物とどちらを使用するか迷いましたが、何でもバッグに入れがちなので115 Lで大正解でした!

サイズ別レーサーバッグ 出典:MDV
バックパックに入れるアイテム (例)
  • ブーツ
  • ウェア上下
  • ワンピース
  • ヘルメット
  • チンガード
  • ゴーグル (×2)
  • レガース
  • アームガード
  • ミドラー/ベスト
  • ハーフパンツ
  • 背面プロテクター
  • インナーパッドシャツ
  • 飲食物
  • スタートワックス (大会時)

これ全部をバッグに収納しようとすると、115 Lでもギリギリ入りません笑。
実際には宿からウェアは着ていく、などのケースから全ての用具を同時にバッグに入れる事は中々無いです。

女性の場合は大きすぎると持ち運びが難しいかもしれませんが、ヘルメットをSLとGSで2つ使用するなど、特に用具が多い人は130 L程のバッグが良いかもしれませんね。

David

フリースキー練習時のバッグを動画にしたので、ぜひご覧ください!

【スキー用具紹介】レーサーは荷物が沢山!今年のスキーバッグを開封!

③:その他のバッグ

その他には
・ブーツバッグ
・ブーツ+ヘルメットバッグ

などのバッグがあります。

ブーツバッグ 50L 出典:MDV
ブーツ+ヘルメットバッグ 56L 出典:MDV

バックパックを購入している場合、特に理由が無ければ購入する必要はないですが、個人的に椅子が付いているバッグは魅力的だと思います。

練習時の休憩大会時の待ち時間ちょっとした椅子があればかなり便利です!

David

僕は大会の際にミドラーなどをレジャーシート代わりに雪面に敷いてその上に座っていますが、中々疲労が溜まるのでよろしくないです笑。

金銭的に余裕がある人は椅子付きのバッグも検討してみる価値がありそうですね!

スキーバッグの値段

新品 新モデルの値段 (目安)
  • キャスター付きバッグ 2~3.5万円
  • (競技用)バックパック  1.5~2.5万円
  • ブーツバッグなど 0.5~1.5万円

スキーバッグはどんな人に必要?

競技をやるならスキーバッグはあったら便利

競技スキーを始めるにあたって出来ればスキーバッグは欲しいですね!

スキーバッグは大きく
・長距離移動で使うキャスター付きバッグ
・雪上で使うバックパック

に分類されました

どちらも便利ですが、
最初のバッグとしてはバックパックがオススメです。
※キャスターバッグはスーツケースなどで代用が利く為

バックパック

スキーバッグ選択の基準!私に必要なバッグはこれ

スキーバッグを選択するにあたって考慮すべき項目はこのようなものがありました。

スキーバッグ選択の基準
  • メーカー
  • 使用用途 (キャスター付き/バッグパック/その他)
  • ブーツを入れるポケット

キャスター付きバッグ
・大容量のスーツケースを持っていない人
・スーツケースのキャスターを壊したくない人

にオススメですね!
長距離移動の際には何かしらキャスター付きバッグが無いと辛いです。

キャスターバッグ 出典:MDV

バックパック
・大容量のバッグパックを持っていない人
・練習後/大会後にウェアやワンピを直ぐ脱ぎたい人
・ブーツなど用具を手で持ちたくない人

にオススメです!
競技用の脇にブーツを収納できるモデルが良いですね。

バックパック 出典:MDV

オススメ商品

スキーバッグはどこで買えるの?

①:オンライン通販

オンライン通販として日本最大規模を誇るのが
スキー用品通販店「タナベスポーツ」です!

用具が決まっている場合は、通販で購入するのが一番楽ですね!

David

僕も通販が一番楽なので、スキー用品は基本的にここから購入します!

タナベスポーツは楽天市場にも出品していますが、
公式サイトが最速で最安値
になるよう工夫しているようなので、公式サイトで購入する方がお得ですね!

タナベスポーツで取り扱っていない商品を購入したい場合にのみ、楽天市場の他のお店から購入する事をオススメします!

②:店舗販売 (早期予約会)

レーサーの大学生がオフシーズンのアルバイト先によく選びがちなのが、スキー専門店(スキーショップ)です。

東京の主なスキー専門店
  • 石井スポーツ
  • カンダハー (KANDAHAR)
  • FUSO SPORTS

スキー業界では早期予約会というイベントが毎年6~7月に行われています。

このイベントは各専門店が、次のシーズンに販売するモデル (ニューモデル)の事前予約を受け付けるというものです。

例:カスタムフェア (石井スポーツ)

毎年会場を貸し切って、大規模なスキー展示会が開催されます。
日本各地で行われますが、基本的に各都市で一回の週末にのみ開催されます。

今年の東京会場は池袋でした!

2022年度 カスタムフェア

スキーバッグを持つ上での注意点は?

新モデルは直ぐに手に入らない

早期予約会などで新モデルを購入した場合、直ぐに手元には来ません!
あくまで予約会なので、実際に納品されるのはその年の10月~12月になります。

従って、早めの11月にシーズンインしようとした時にまだスキーバッグがない!
なんて状態にならないように気を付けてくださいね。
※ お店によっては事情を説明したら早めに納品してくれる所もあり

バックパックのファスナー

スキーバッグを開け閉めするファスナーは想像以上に壊しやすいです。

グローブを付けたままファスナーの取っ手の部分を勢いよく引っ張ると
力加減がわからず、取っ手部分が外れてしまう事があります。

また、スキー用具は沢山ある事からバックパックはパンパンになる事が多いです。
その状態で無理やりファスナーを閉めようとすると破損してしまう事があるので気を付けましょう。

買い替え頻度

実際に滑走する際の用具ではない為、基本的には物理的破損があった時や紛失時を除き一度購入したら当分の間は買い替える必要はないと思います。

ただし、バッグパックは毎日利用するので滑走日数によっては2年程度でボロボロになってしまう場合もあります。

まとめ:スキーバッグを購入してアルペンスキーを始めよう!

いかがだったでしょうか?
最後に、内容をおさらいしていきましょう。

  • スキーバッグは用具を運搬する為のアイテム
  • スキーバッグにはキャスター付きバッグバックパックがある
  • バッグパックは競技用(レーサーバッグ)がオススメ
  • スキーバッグのファスナーを破損しないよう気を付ける

是非、スキーバッグを購入してアルペンスキーを始めましょう!

David
大学院生レーサー
ゼロから始めるアルペンスキーの運営者です!
競技を続けている間にアルペンスキーについて体系的にまとめていきたいと考えています!
わかりやすいサイトを目指していますので、是非初心者の方にも紹介してください!
YouTubeでも自身の活動やアルペンスキー全般について紹介していますので、そちらも見ていただけると幸いです!

広告リンク

以下のリンクを介して買い物をして頂きますと、僕の懐に売り上げの一定割合が入ります。

ブログの運営費に使用させて頂きますので、商品をご購入の際は何卒宜しくお願い致します。

スキー用品専門店タナベスポーツ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

アルペンスキー FIS ワールドカップを視聴するなら J SPORTS!

引用元: J SPORTS

アルペンスキーに興味がある方は、
レースの最高峰「FIS ワールドカップ」を視聴してみましょう!

FIS ワールドカップは「J SPORTS」と言った、日本で唯一の4チャンネルマルチ編成のスポーツテレビ局から見る事ができます!

アルペンスキー FISワールドカップ

視聴方法

① J SPORTS オンデマンド (スマホ・PC)

少しでも安く好きなタイミングでレースを見たい方はJ SPORTSオンデマンドがオススメ!
スマートフォンなどから気軽に視聴できます!

アルペンスキー W杯を見るなら J SPORTS!
② J SPORTS (衛星放送・ケーブルTV)

テレビでレースを見たい方は、J SPORTSがオススメ!
スカパーを経由してお申し込みから約30分で視聴可能です!

自身の技術レベルによらず、W杯観戦は様々な面で参考になるので
全スキーヤーにオススメです!
勿論僕も視聴しています!

(スポンサーリンク)

著作権

本ブログは、文化庁が定める引用のルール
・他人の著作物を引用する必然性があること
・かぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること
・自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること
・出所の明示がなされていること
に沿って運用されております。

何かお気づきの点がありましたら、
トップバナーの「お問い合わせ」からご連絡ください。

コメント

コメントする

目次