【基礎からわかる】アルペンスキーで欲しいGS板について【徹底解説】

悩んでいる人

競技スキーをするには特殊な板が必要って聞くけど、普通の板とどう違うの?
競技板にはどんな種類があるの?
競技スキーを始めてみたいけど用具が多すぎて、何を買えばよいかわからない!

以上のような、お悩みを解決します

本記事の内容

  • GS板とは?
  • GS板の種類や値段は?
  • あなたに最適なGS板
  • GS板の購入方法
  • GS板の注意点
目次

(スポンサーリンク)

GS板(ジャイアントスラローム板)とは?

今回はスキーヤーのアイデンティティとなるスキー板についての解説です!

スキー板は雪上を滑走する為に足元に履く細長い板の事です。

世の中には用途に応じて様々な種類のスキー板がありますよね。

様々なスキー板
スキー板の分類
  • オールラウンドスキー
  • デモスキー
  • レーシングスキー
  • フリーライドスキー
  • ハーフパイプ
  • モーグル

アルペンスキー(競技スキー)にはこの中の
レーシングスキー
というものを使用します。

レーシングスキーは速く滑ることを目的に作られており、物によっては初心者には扱いづらい板も存在します。

レーシングスキー

また大きく分け、アルペンレースには

アルペンスキーの種目
  • 回転 (スラローム/SL)
  • 大回転 (ジャイアントスラローム/GS)
  • スーパー大回転 (スーパージャイアントスラローム/SG)
  • 滑降 (ダウンヒル/DH)

の4つの競技種目が存在します。

旗門で構成されたコースを滑り降り、タイムを競うアルペンスキーですが、種目によって旗門間隔が異なるので
使用する板も基本的に種目によって異なります

日本では主に旗門間隔が狭い技術系種目
回転(SL)大回転(GS)
の大会が開催され、練習も主にこの二つの種目を行う事が多いです。
※SG/DHは高速系種目

回転競技(SL)の様子
大回転競技(GS)の様子

GS板とは競技用の大回り板のこと

二番目に旗門間隔が狭い、
大回転(GS)種目
で使用するのがGS板です

GS板
GS板の愛称
  • GS板
  • ジー板
  • ジーエス板
  • 長い方の板

二番目に旗門間隔が狭いと言えど、GSは技術系種目の中では旗門間隔が広い方の種目であり、基礎スキー大回りという種目に似ています。

比較的ターン間隔が広く、スキー(競技スキー)のベースとなる種目です。

GS板はこの場面で使う

GS板はSL板より長く、重たい為、初心者の場合は扱いにくいと感じる人が多いと思います。
しかし、大会はSLとGSで大体1:1の割合で存在するのでGS板を使う機会は比較的多いです。

アルペンスキーの練習は主に
ポールを用いないフリースキー
ポールセットの中を滑るポール練習
に分けられます。

フリースキー練習
ポール練習

いきなり規制されたポールの中を滑る事は難しく、技術も向上しにくい事から、雪が少ないシーズンインの時期はフリースキーから練習に入ることが多いです。

また、練習環境にもよりますがシーズンアウトもフリースキーを重点的に練習する人も居ます。

GS板を使う場面
  • シーズンインのフリースキー (基礎練習)
  • GSのポール練習
  • GSの大会
  • シーズンアウトのフリースキー (基礎練習)

シーズンインやシーズン最初の数日は基本的にSL板でフリースキーの練習しますが、徐々にGS板でもフリースキーをしてGS板にも慣れていきます

GS板を売っているメーカーはここ

GS板は様々なスキーメーカーが販売しています。
メーカーによってデザイン、スキーの特性、ブーツとの相性などが異なります。

レーシングチームに所属している場合、そのチームが契約しているメーカーがある場合もあります。
その場合通常より少し安い値段でそのメーカーの用具を手に入れる事が出来る事もあります。

GS板を扱っている主なメーカー
  • Völkl (フォルクル) / MDV
  • FISCHER (フィッシャー)
  • ATOMIC (アトミック)
  • HEAD (ヘッド)
  • SALOMON (サロモン)
  • ROSSIGNOL (ロシニョール)
  • DYNASTER (ディナスター)
  • NORDICA (ノルディカ)
  • BLIZZARD (ブリザード)
  • elan (エラン)
  • STÖCKLI (ストックリ)
  • OGASAKA (オガサカ)
  • AUGMENT (オーグメント)

板によって教わる技術の再現度も違ってきますので、レーシングチームに入る場合は
そのレーシングチームが勧めるメーカーの板を購入する事が無難ですね。

GS板にはどんな種類があるの?

同じGSの競技で使用する板と言えど、実はGS板には様々な選択肢があります。

基本的に板は毎年ニューモデルが発売されるので、同じメーカーでも新モデル旧モデルかによっても微妙に性能が異なったりします。

性別年齢技術力出場する大会などに応じて、その人に最適なGS板は異なってます。

GS板の分類
  • FISモデル
  • マスターズモデル
  • フリーモデル
(左)FISモデル (中)マスターズモデル (右)カテゴリーフリーモデル 出典:MDV

一つ一つ順番に見ていきましょう!

①:FISモデル

FISモデルは別名規定板とも言います。
この分類の中では一番ハイレベルな板となります。
ただでさえ難しいGS板ですが、その中の最上位モデルという事で
初心者には非常に扱いづらいです。

しかし、SAJFISレースなどの公認大会に参加する場合は、こちらの板がほぼ必須となってきます。

FISモデル 出典:MDV
主な公認大会
  • インターハイやその地区予選 (高校生)
  • インターカレッジ (大学生)
  • SAJ B級/A級レース
  • FISレース

公認大会に出場する場合は、FISルール適用のGS板を選びましょう。
※中学生と高1早生まれは規定が複雑なので、ここでは紹介していません。

ここでラディウスとはスキー板の回転半径の事です。
競技スキーに関わらず、基礎スキーやゲレンデスキーにおいても多くの
・小回り用の板はラディウス(R)が14 m以下
・大回り用の板はラディウス(R)が17 m以上

とされています。

FIS規定の板はラディウスが30 mもある事からカーブがしづらく(曲がりにくく)、扱いが難しいと言われています。
初心者でも強制的にR30を履かされる高校生はかなり不遇です笑。

規定を自分で判断するのが怖い場合高校生以上であれば
男子/女子の公認大会に出れるGS板とスキーショップの店員さんに聞く事で
・男子は188 cmか193 cmのGS板
・女子は183 cmか188 cmのGS板

が紹介されると思います。
※規定的には女子でも193 cmの板が使用可能ですが、あまり周りに見ません

(左) GS板:R30,27,25  (右) SL板:R13
GS長めの規定板 (R=30 m)短めの規定板 (R=30 m)
男子長さ:193 cm
メリット:扱いやすい?
長さ:188 cm
メリット:スピードが出る
女子長さ:188 cm
メリット:扱いやすい?
長さ:183 cm
メリット:スピードが出る
FIS規定板の分類

一般的に長めの板の方が扱いは難しいが、スピードが出ると言われています。(上級者向け

David

僕はR30のGS板の二択の場合、長めのサイズの方がスピードが出て
扱いもし易いと思っています笑。

※専門的な話になりますがカービングターンが出来る場合は長い方が扱いやすく、板をズラす事でしかターンが出来ない場合は短い方の方が扱いやすいという説が僕の中にあります(個人の感想です)

メーカーに所属しているトップ選手の中には、FISモデルの中でも
選手用
といった更に一段レベルが高い板を使用している人も居ます。
※選手用モデルが市販されているメーカーも

更に上位のトップ選手の場合、選手用モデルの中でも
その選手専用に作られ、カスタマイズされた
という最高級の板が存在します。

②:マスターズモデル

セカンドモデルは公認大会に出場しない場合に便利です。

FISモデルより性能 (最大スピードなど)は落ちますが、ラディウス(R)が14~27 m 程度とFISモデルの30よりも小さい為、初心者にも使いやすいという利点を持つのが競技用のマスターズモデル板です。

値段としてもFISモデルよりは安いです。

厳密には
・マスターズモデル:R=21~27 m 程度
・ジュニア用(小中学生用)モデル:R=14~19 m 程度

と更に分類されるようですが、ジュニアでもR21の板を履く事などが普通にあります。

マスターズモデル 出典:MDV
こんな人にオススメ
  • 大人になってから競技を始めた社会人スキーヤー
  • 出場大会が岩岳、東医体/西医体などの大学生スキーヤー
  • 公認大会に出場するが、最初は扱いやすい板で練習したい高校生スキーヤー

SL板の場合はRがあまり変わらない事から、スキー1年目の初心者でも規定板をオススメしていますが、
GS板の場合(特に高校生からスキーを始める人)は難しいところです。

B級レースなどの公認大会に出場する際はR30の規定板で滑らないといけませんが、初心者がR30の板を扱うのは至難の業です。

高校生の予選会(国体予選/インターハイ予選)の中には、非規定板でも出場は可能な都道府県もあります。
※どれだけ成績が良くても上位大会(国体/関東大会/インターハイなど)には推薦されない

その場合、3年間でGS板を2台購入する事が経済的に問題ない場合は
・1年目は上位大会や公認大会への出場を諦め、R23~25程度のマスターズ板で練習
・2-3年目はR30の規定板で良い成績を狙う

という手法も選択肢としてはアリですね!

スクロールできます
GSFISモデル/規定板 (R=30 m)マスターズモデル/非規定板 (R<30 m)
メリット板が長く、スピードが出る(上級者)
公認大会に出場出来る
規定板より扱いやすい (初/中級者)
デメリット扱いにくい公認大会に出場出来ない
最大スピードがFISモデル程は出ない
FISモデルとマスターズモデルの違い
David

僕自身スキー始めたての頃から規定板でGS競技をやらされ、高校時代のGSに良い思い出が全くないです笑。

高2の頃に仲間のR23の非規定板で試しに滑った後、自分の規定板(当時の規定はR35)に乗り換えたら板があまりにも曲がらず、崖から落ちて木に突っ込むという経験をしました笑。

大学に上がりR25のマスターズモデルで練習し出したら、数年でGSがかなり上達し、今では比較的楽しくR30も乗れます

GS板:(中) R25 (右) R30

③:カテゴリーフリー

カテゴリーフリーなモデルは①にも②にも当てはまらない板です。
基礎スキー用のデモ板などがここに当てはまります。

アルペンスキー(競技スキー)のみを行う予定の人は、特に理由がない限り購入する必要はないと思います。

しかし、基礎スキー選手がGSを体験してみたい場合は、そのままデモ板を使用する事が出来ます。

カテゴリーフリーモデル 出典:MDV

GS板の値段

新品 新モデルの値段 (目安)
  • FISモデル 15~20万円
  • マスターズモデル 12~17万円
  • フリーモデル 12~17万円

※値段は全てビンディング込み

GS板はどんな人に必要?

競技をやるならGS板は欲しい

競技スキーを始めるにあたって一台目に購入するべきはSL板です。

GS板も余裕があれば購入した方が良いですが、初心者の頃はSL板でGSのポール内を滑走する事も練習になるので、GS板は競技スキーの初期アイテムとして100%必須という訳ではないと僕は考えています。

とは言え部活などで公認大会に出場するなど、競技スキーを本格的に行う場合はGS板の購入はほぼ必須です。

従って、競技スキーを始める場合は出来ればGS板も手に入れましょう

GS板

GS板選択の基準!私に必要なGS板はこれ

GS板を選択するにあたって考慮すべき項目はこのようなものがありました。

GS板選択の基準
  • メーカー
  • レベル帯 (FIS/マスターズ/フリー)
  • モデル (新/旧)

FISモデルのGS板
・公認大会に出場する人
・上級者以上

にオススメです!

FISモデル 出典:MDV

マスターズモデルのGS板
・公認大会に出場しない人
・初心者/中級者

にオススメです!

マスターズモデル 出典:MDV

高校生でスキーを始める場合の選び方については上で書きましたが、大学生からスキーを始めインカレなどに出場する場合も同様です。

その板でGSの公認大会に出場しない事が決まっている場合、
・初心者の男子: R21~23
・初心者の女子: R19~21

程度のマスターズモデルが良いかなぁと思います!

David

R23の板を一度履いた事がありますが、SL板のように曲がった(使いやすかった)事が印象的でした笑。

オススメ商品

GS板はどこで買えるの?

①:オンライン通販

オンライン通販として日本最大規模を誇るのが
スキー用品通販店「タナベスポーツ」です!

用具が決まっている場合は、通販で購入するのが一番楽ですね!

David

僕も通販が一番楽なので、スキー用品は基本的にここから購入します!

タナベスポーツは楽天市場にも出品していますが、
公式サイトが最速で最安値
になるよう工夫しているようなので、公式サイトで購入する方がお得ですね!

タナベスポーツで取り扱っていない商品を購入したい場合にのみ、楽天市場の他のお店から購入する事をオススメします!

②:店舗販売 (早期予約会)

レーサーの大学生がオフシーズンのアルバイト先によく選びがちなのが、スキー専門店(スキーショップ)です。

東京の主なスキー専門店
  • 石井スポーツ
  • カンダハー (KANDAHAR)
  • FUSO SPORTS

スキー業界では早期予約会というイベントが毎年6~7月に行われています。

このイベントは各専門店が、次のシーズンに販売するモデル (ニューモデル)の事前予約を受け付けるというものです。

例:カスタムフェア (石井スポーツ)

毎年会場を貸し切って、大規模なスキー展示会が開催されます。
日本各地で行われますが、基本的に各都市で一回の週末にのみ開催されます。

今年の東京会場は池袋でした!

2022年度 カスタムフェア

GS板を持つ上での注意点は?

新モデルは直ぐに手に入らない

早期予約会などで新モデルを購入した場合、直ぐに手元には来ません!
あくまで予約会なので、実際に納品されるのはその年の10月~12月になります。

従って、早めの11月にシーズンインしようとした時にまだ板がない!
なんて状態にならないように気を付けてくださいね。
※ お店によっては事情を説明したら早めに納品してくれる所もあり

雪が少ない時期は新品は使わないほうが良い

11月や5月のGWなどハイシーズンではない時新品の板を使う事はオススメしません

2022年5月 白馬47スキー場
2022年5月 白馬47スキー場

この時期には積雪が不足しており、ブッシュや石がコース上に転がっている事が多くこれらを踏んでしまうと板が削れてしまいます。

アルペンスキーにおいて板のこのような傷は致命的になります。
※傷は減速要素に

滑走面の傷ならお店にチューンアップに出す事で何とかなる場合もありますが、エッジにまで及んでしまうともう修復のしようがありません

どうしても新品の板で滑りたい場合は、細心の注意を持って滑りましょう。

因みに僕は今年5月のフリースキーの練習中に見事エッジで石を踏み一台スキー板を壊しました。

David

まあ 新モデル買う予定だったし。うん。


お亡くなりのSL板

買い替え頻度

上記のように板を壊した場合を除いたら、GS板はどの頻度で買い替える必要があるのでしょう?

新しいスキー板は
フレックス(たわみ)トーション(ねじれ)がしっかりと存在する事から板に力を加えると、板が返ってくるバネ(トランポリン)のような感覚があります。

スキー板を使う事でこのバネが徐々に弱くなってきます

板がたわんでいる様子

大体100日の滑走で買い替えるべきとの意見が一般的だと思いますが、その人の加重方法や体重にも依存するので一概には言えません。

ワンシーズンの滑走が多ければ多いほど買い替え頻度も多くなってきます。
当たり前のことですが、金銭的には大変ですよね。

David

僕は毎年GS板かSL板のどちらかを買い替える事が多いです!

保管方法

周りの人を見ていれば大体の扱い方はわかりますが、やはりスキー1年目などは用具を傷つけやすいです。

スキー板やブーツはタイムに直結する用具なので
出来るだけ丁寧に扱いたいところです。

シーズン中の注意点
  • 運ぶときは常にスキーバンドを付ける (板の上部はマスト、出来れば下部も)
  • 車以外の手段で板を運搬する際はスキーケースに板を入れる
  • ワクシングを行う場合は、滑走面を焦がさないよう注意する
オフシーズン中の注意点
  • 来シーズンもその板を使う場合は、板をお店にチューンアップに出す
スキー板+スキーバンド

まとめ:GS板を購入してアルペンスキーを始めよう!

いかがだったでしょうか?
最後に、内容をおさらいしていきましょう。

  • GS板とは競技用の大回り板のこと
  • GS板にはFISモデルセカンドモデルカテゴリーフリーモデルなどがある
  • 初心者の場合は出来る限りFISモデルは避けるべき
  • 公認大会に出場する場合はFISモデルが必要
  • 雪が少ない時期は新品の板は使わないほうが良い

是非、GS板を購入してアルペンスキーを始めましょう!

David
大学院生レーサー
ゼロから始めるアルペンスキーの運営者です!
競技を続けている間にアルペンスキーについて体系的にまとめていきたいと考えています!
わかりやすいサイトを目指していますので、是非初心者の方にも紹介してください!
YouTubeでも自身の活動やアルペンスキー全般について紹介していますので、そちらも見ていただけると幸いです!

広告リンク

以下のリンクを介して買い物をして頂きますと、僕の懐に売り上げの一定割合が入ります。

ブログの運営費に使用させて頂きますので、商品をご購入の際は何卒宜しくお願い致します。

スキー用品専門店タナベスポーツ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

アルペンスキー FIS ワールドカップを視聴するなら J SPORTS!

引用元: J SPORTS

アルペンスキーに興味がある方は、
レースの最高峰「FIS ワールドカップ」を視聴してみましょう!

FIS ワールドカップは「J SPORTS」と言った、日本で唯一の4チャンネルマルチ編成のスポーツテレビ局から見る事ができます!

アルペンスキー FISワールドカップ

視聴方法

① J SPORTS オンデマンド (スマホ・PC)

少しでも安く好きなタイミングでレースを見たい方はJ SPORTSオンデマンドがオススメ!
スマートフォンなどから気軽に視聴できます!

アルペンスキー W杯を見るなら J SPORTS!
② J SPORTS (衛星放送・ケーブルTV)

テレビでレースを見たい方は、J SPORTSがオススメ!
スカパーを経由してお申し込みから約30分で視聴可能です!

自身の技術レベルによらず、W杯観戦は様々な面で参考になるので
全スキーヤーにオススメです!
勿論僕も視聴しています!

(スポンサーリンク)

著作権

本ブログは、文化庁が定める引用のルール
・他人の著作物を引用する必然性があること
・かぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること
・自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること
・出所の明示がなされていること
に沿って運用されております。

何かお気づきの点がありましたら、
トップバナーの「お問い合わせ」からご連絡ください。

コメント

コメントする

目次