【基礎からわかる】アルペンスキーに必須なグローブについて【徹底解説】

悩んでいる人

競技をするには特殊なグローブが必要って聞くけど、普通のグローブとどう違うの?
グローブにはどんな種類があるの?
競技スキーを始めてみたいけど用具が多すぎて何を買えばよいかわからない!

以上のような、お悩みを解決します

本記事の内容

  • グローブとは?
  • グローブの種類や値段は?
  • あなたに最適なグローブ
  • グローブの購入方法
  • グローブの注意点
目次

(スポンサーリンク)

スキーグローブとは?

スキーヤーの皆さん!
雪山を滑っている際に手足の末端が冷える事
ありますよね?

スキーのグローブ寒さを凌ぐ為のアイテムだけでなく、
手を保護するという役割も担っています。

今回はそのグローブについて深堀りしたいと思います!

様々なスキーグローブ

レーシンググローブとは競技に適したスキーグローブの事

多くのグローブメーカーではレーシングモデルを設けています。

レーシンググローブ安全面防水面防寒面など
において強い効果を発揮し
過酷な環境での競技にも適しています。

レーシンググローブ

安全性は競技スキーのグローブにおいて非常に重要です。
レーサーはギンギンに尖らせたエッジを持つ板で日々滑走しています。
転倒時に板が外れ、高速で板が身体を切り裂きに来る時もあり、素材が薄いグローブでは簡単に貫通してしまいます。

David

以前エッジでワンピースとハーパンを切り裂かれました笑

切り裂かれたワンピース

また、競技中は高速で滑走中にポールに手が当たってしまう事も珍しくありません。

従って素材が厚く、ポールとの接触を考慮したプロテクターが付いているレーシンググローブを使用する事は安全面で非常に有益です。

プロテクターが付いているグローブ

防水性も競技スキーのグローブにおいて重要です。
春先の練習では雨が降る事も多く、練習中に水がグローブの中に染みてくるとかなり不快です。
午前中に染みたグローブが昼休みの間に乾かず、水っぽいグローブで午後の練習に臨まないといけない時はモチベーションが下がり、練習効率も落ちる事があります。

防寒性も競技スキーにおいては舐めてはいけません。
スピードを求める人種であるレーサーは空気抵抗の観点から、基本的に薄着で雪上を滑ります

練習時はウェアで滑る人も居ますが、大会時はワンピースのみで滑ります
従って、極寒のレースではちょっとでも防寒性のある用具を身に着ける事がパフォーマンスを上げるコツになってきたりします。

大会時の服装

競技スキーを行う場合は、特別な理由がない限り基本的にはレーシンググローブ を購入するのがオススメです。

グローブはこの場面で使う

アルペンスキーの練習は主に
ポールを用いないフリースキー
ポールセットの中を滑るポール練習
に分けられます。

レーシンググローブは大会時/練習時、フリースキー練習/ポール内練習を問わず
滑走時は常に付けています

特例として、暑い春スキー時や大雨の練習時などは素材が薄いグローブであったり、ゴム手袋を使用する人も居ます。
※手を怪我する危険が少ないフリースキーの練習で多い

David

僕は新しいグローブを長持ちさせる為に、雨や湿り雪の日は昔に使用してい古いグローブを使う事が多いです!

グローブを使う場面
  • フリースキー練習
  • ポール練習
  • 大会

※ 雪上にいる間ほぼ全て

グローブを売っているメーカーはここ

グローブは様々なスキーメーカーが販売しています。
メーカーによってデザイン、付け心地、機能の特性などが異なります。

レーシングチームに所属している場合、そのチームが契約しているメーカーがある場合もあります。
その場合通常より少し安い値段でそのメーカーの用具を手に入れる事が出来る事もあります。

グローブを扱っている主なメーカー
  • REUSCH (ロイシュ)
  • LEVEL (レベル)
  • LEKI (レキ)
  • ENERGIAPURA (エナジプラ)
  • KOMPERDELL (コンパ―デル)
  • Goldwin (ゴールドウィン)
  • OGASAKA (オガサカ)

レガースやストックなど他の小物と合わせたメーカーで購入する人も多いですね!

特にレキのグローブレキのストックと非常に相性が良く、ストックを握る際にストラップを用いず特殊な金具を用いて、ストックとグローブを固定する事が出来ます。

レキのレーシングストックが非常に人気な理由の一つですね!

レキのレーシンググローブ
レキのレーシングストック

レーシンググローブにはどんな種類があるの?

同じレーシンググローブという括りでも
様々な形状や機能を持った商品を出しているメーカーが多いです。

①:形の違い (5本指/ミトン/3本指)

スキーグローブはその形状に応じて大きく3種類に分類する事が出来ます。

グローブの形での分類
  • 5本指タイプ
  • ミトンタイプ
  • 3本指タイプ (ロブスター型)
(左) 5本指グローブ (中)ミトングローブ (右)ロブスターグローブ

5本指グローブは一番オーソドックスな形のグローブです。
それぞれの指を独立して動かせる事から、グローブをしたままの操作が容易でありスマホをポケットから出し入れするなどの細かな動作が出来るメリットがあります。
一方、指先が分裂している事から他の二種類と比べ防寒性は劣るデメリットがあります。

ミトングローブは暖かさを追求したグローブです。
親指と残りの4本の指という二つのスペースから構成されており、親指のみを自由に動かせるという特徴があります。
指がまとまっており、空気の通り抜けが少ない事から防寒性に優れているメリットがあります。
しかし、細かい作業には向いておらずグローブを外すタイミングが多くなってしまうデメリットがあります。

3本指/ロブスター型グローブは5本指とミトン型の両方のメリットを含んでいるグローブです。
親指、人差し指、残りの3本の指という三つのスペースから構成されています。
三つのスペースでの指の動かし方には慣れが必要な場合もあります。

スクロールできます
グローブの形5本指ミトン3本指 (ロブスター)
メリット操作性が高い
フィット感が高い
操作性が低い
フィット感が低い
ある程度の操作性
ある程度の防寒性
デメリット防寒性が低い防寒性が高い慣れが必要
マイナーな商品
グローブの形の種類

ある程度高価なレーシンググローブは、5本指の場合でも十分防寒性に優れています

David

僕は普段練習している場所が
比較的暖かめな地域だという事もあり、
5本指のレーシンググローブを使用しています!

5本指グローブ

②:インナーの構成 (一体型/セパレート型)

スキーグローブはインナーの形状に応じて大きく2種類に分類する事が出来ます。

インナーでの分類
  • 一体型タイプ
  • セパレート型タイプ

一体型タイプのグローブはグローブのシェル(アウター)とインナーが一体型になっており、取り外しが出来ません。

フィット感が高いというメリットがありますが、洗濯がしにくい雨の日に面倒臭いといったデメリットがあります。

セパレート型タイプのグローブはグローブのシェルとインナーが独立して付けられます。
シェルのみ、インナーのみ、シェルとインナーを一緒になど様々な着用方法がある事が特徴です。

天気や温度に応じて様々な使用方法がある事や、インナーのみを複数所持して使いまわす事が出来るメリットがあります。
しかし、インナーとシェルのフィット感が悪いといったデメリットがあります。

インナー一体型セパレート型
メリット指がズレなく、フィット感が高い様々な使用方法がある
デメリット使用方法に応用が利かない指がズレる事がある
フィット感が低い
グローブのインナーの種類

レーシンググローブは基本的に一体型のグローブです。
極端な大雨の日などには新品のグローブは出来れば使用したくないですね。

David

僕は悪天候時や暑い春先では昔ダメにしてしまった一体型のグローブを分解し、無理やりシェルだけの形に魔改造した物を使っています笑

雨でダメになってしまったグローブ

グローブの値段

新品 新モデルの値段 (目安)
  • レーシンググローブ 1.5~4万円

グローブはどんな人に必要?

競技をやるならグローブは必須

グローブなしで競技スキーをするのはほぼ不可能!
まず最初に購入するべき用具の一つがこのグローブです。

初心者のうちはまずは一つ
安めのレーシンググローブを購入しましょう!

レーシンググローブ

グローブ選択の基準!私に必要なグローブはこれ

レーシンググローブを選択するにあたって
考慮すべき項目はこのようなものがありました。

レーシンググローブ選択の基準
  • メーカー
  • 形の種類 (5本指/ミトン/3本指)
  • インナーの種類 (一体型/セパレート型)
  • ストックと一体型 (レキ)
YES・NOチャート

グローブには規定などはない為、レーシングモデルでない安めなグローブでも使用可能ですが、
初心者の場合もレーシンググローブの中での安めのモデルをオススメします。

David

僕も最初からレーシンググローブを使っていました!

ポールの近くを滑れるようになり、手がポールに接触し始めたらレーシンググローブの中でもプロテクターの機能がさらに高い上位モデルを購入しても良いかも知れませんね。

上位モデルのレーシンググローブ

また、レーシンググローブを長持ちさせる為に暑い春の練習や雨の日の練習に使用するグローブを別途持っておくと、なお良いですね!

グローブのサイズ

店舗で購入する場合は試着が出来る場合がありますが、オンラインで購入する場合は
自分の手のサイズ(縦の長さ、横の長さ)を事前に測っておく必要があります。

大きすぎるサイズのグローブを使用するとぶかぶかで操作性やフィット感が落ちますし、小さすぎるサイズでも装着が困難な場合があります。

ジュニアの選手の場合少し大きめのグローブを選択する方法もありますが、基本的には自分にピッタリ合うサイズのグローブを購入しましょう。

オススメ商品

グローブはどこで買えるの?

①:オンライン通販

オンライン通販として日本最大規模を誇るのが
スキー用品通販店「タナベスポーツ」です!

用具が決まっている場合は、通販で購入するのが一番楽ですね!

David

僕も通販が一番楽なので、スキー用品は基本的にここから購入します!

タナベスポーツは楽天市場にも出品していますが、
公式サイトが最速で最安値
になるよう工夫しているようなので、公式サイトで購入する方がお得ですね!

タナベスポーツで取り扱っていない商品を購入したい場合にのみ、楽天市場の他のお店から購入する事をオススメします!

②:店舗販売 (早期予約会)

レーサーの大学生がオフシーズンのアルバイト先によく選びがちなのが、スキー専門店(スキーショップ)です。

東京の主なスキー専門店
  • 石井スポーツ
  • カンダハー (KANDAHAR)
  • FUSO SPORTS

スキー業界では早期予約会というイベントが毎年6~7月に行われています。

このイベントは各専門店が、次のシーズンに販売するモデル (ニューモデル)の事前予約を受け付けるというものです。

例:カスタムフェア (石井スポーツ)

毎年会場を貸し切って、大規模なスキー展示会が開催されます。
日本各地で行われますが、基本的に各都市で一回の週末にのみ開催されます。

今年の東京会場は池袋でした!

2022年度 カスタムフェア

グローブを持つ上での注意点は?

新モデルは直ぐに手に入らない

早期予約会などで新モデルを購入した場合、直ぐに手元には来ません!
あくまで予約会なので、実際に納品されるのはその年の10月~12月になります。

従って、早めの11月にシーズンインしようとした時にまだグローブがない!
なんて状態にならないように気を付けてくださいね。
※ お店によっては事情を説明したら早めに納品してくれる所もあり

使用後は必ず乾かす

雪の日などの練習後はグローブに水が染みこんでいる場合が多いです。
翌日の練習でグローブを着用する際に濡れていたままであったら気持ち悪いので、
必ず乾かしましょう

また、防水/撥水性に優れているレーシンググローブですが、雪遊びなどに多用してしまうとその機能が直ぐ落ちてしまうので注意が必要です。

グローブオイルという特殊なオイルを定期的にグローブに塗り、メンテナンスする事で防水性や柔軟性が上がり長持ちするきっかけになります。

グローブオイル

買い替え頻度

どれだけ丁寧に扱ったり、メンテナンスを行っていても
グローブは消耗品なので日々劣化します。

競技スキーの場合2~3年新しいグローブを購入する人が多いように感じます。

水が染みてくる回数が多くなったり、外装がボロボロになってきたりしたら買い替えの一つのサインですね!

特に初心者の場合は、グローブを一回買い替える頃には非常に上達している場合が多いので、上質なプロテクター機能が付いているモデルに買い替えるのもオススメです。

まとめ:グローブを購入してアルペンスキーを始めよう!

いかがだったでしょうか?
最後に、内容をおさらいしていきましょう。

  • グローブとは寒さを凌ぎ、手を保護する用具の事
  • レーシンググローブには様々な形状のモデルがある
  • 使用後は必ず乾かし、定期的にグローブオイルを塗る

是非、グローブを購入してアルペンスキーを始めましょう!

David
大学院生レーサー
ゼロから始めるアルペンスキーの運営者です!
競技を続けている間にアルペンスキーについて体系的にまとめていきたいと考えています!
わかりやすいサイトを目指していますので、是非初心者の方にも紹介してください!
YouTubeでも自身の活動やアルペンスキー全般について紹介していますので、そちらも見ていただけると幸いです!

広告リンク

以下のリンクを介して買い物をして頂きますと、僕の懐に売り上げの一定割合が入ります。

ブログの運営費に使用させて頂きますので、商品をご購入の際は何卒宜しくお願い致します。

スキー用品専門店タナベスポーツ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

アルペンスキー FIS ワールドカップを視聴するなら J SPORTS!

引用元: J SPORTS

アルペンスキーに興味がある方は、
レースの最高峰「FIS ワールドカップ」を視聴してみましょう!

FIS ワールドカップは「J SPORTS」と言った、日本で唯一の4チャンネルマルチ編成のスポーツテレビ局から見る事ができます!

アルペンスキー FISワールドカップ

視聴方法

① J SPORTS オンデマンド (スマホ・PC)

少しでも安く好きなタイミングでレースを見たい方はJ SPORTSオンデマンドがオススメ!
スマートフォンなどから気軽に視聴できます!

アルペンスキー W杯を見るなら J SPORTS!
② J SPORTS (衛星放送・ケーブルTV)

テレビでレースを見たい方は、J SPORTSがオススメ!
スカパーを経由してお申し込みから約30分で視聴可能です!

自身の技術レベルによらず、W杯観戦は様々な面で参考になるので
全スキーヤーにオススメです!
勿論僕も視聴しています!

(スポンサーリンク)

著作権

本ブログは、文化庁が定める引用のルール
・他人の著作物を引用する必然性があること
・かぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること
・自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること
・出所の明示がなされていること
に沿って運用されております。

何かお気づきの点がありましたら、
トップバナーの「お問い合わせ」からご連絡ください。

コメント

コメントする

目次